エストロゲン

イソフラボンとエストロゲン

基礎体温を測ることで、自分の体の不調、好調などを予測することができます。
ずっと続けている方ならば、その周期の規則性に感じるかと思いますが、この規則性には女性ホルモンが大きく関わっています
女性ホルモンとは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)のことで、これらの物質が一定周期で正しく分泌されることで定期的な生理現象が起こっております。

その安定した調子を見ていくために、基礎体温を測るということは大変参考になるのですね。
またこの周期が不安定な方というのは、女性ホルモンの分泌に乱れが起きているのかもしれません。
精神、体調の変化を予測し、上手にコントロールしていく上でも、やはり安定した周期をのぞみたいところですが。

特に更年期を迎えると、このエストロゲンの分泌量が減り、あらゆる症状を引き起こします。
そもそもエストロゲンは、女性らしいカラダを作る働きがある物質ですが、自律神経の働きにも大きく関わっている物質なのです。
その分泌量が減り、バランスがおかしくなるので、体調や精神に不調をきたすのです。

イソフラボンにはそんなエストロゲンと同じような働きをしてくれる効果があります。
日本人の昔からの、大豆を主体とした食生活というのはそういう意味で、特に女性に嬉しい、非常によい食習慣だったと言えるでしょう。
またこちらのイソフラボンの一日の摂取量の目安についても参考にご覧ください。