エストロゲン

イソフラボンの過剰摂取注意

なんでもそうなのですが。
体によいと言われているイソフラボンでも、過剰に摂取しすぎるとよくないことがあります。
イソフラボンの効果により美肌になると聞いて、人一倍はやく美肌になりたいからとたくさん摂ってはダメなのです。
人一倍ムダ毛が気になり、それを薄くしたくてイソフラボンを過剰に摂取してもダメだのです。

では、具体的にどれくらい摂取すれば良いのでしょうか?
内閣府が定める1日の摂取量は 70~75mg。
日本人の食事には大豆製品が日常的に含まれておりますので、サプリメントなどで摂取する場合は 30mgを目安に摂取するとよいでしょう。

基本的に用法、用量を確認して服用しておけばまず問題はないということです。
いろんな効果をのぞむばかりに、あれもこれもと欲張りすぎると痛い目にあってしまうのです。
では、どんな被害が起こるのでしょうか?

イソフラボンの働きにより女性ホルモンのバランスが崩れてしまい、乳がんなどの危険性が高まってしまいます。
胃腸の調子を崩したり……。
結局ホルモンのバランスが崩れるということは、体調にあらゆる影響を与えてしまうといえるでしょう。

プロポーションもそうですが、やはり全体の均整がとれていることが美しいのだと思います。
健康あっての美であることは忘れてはなりません
では、特に過剰摂取に注意が必要なのはどのような方でしょうか?

妊娠中の方。出産後の授乳中の方もそうです。
生殖機能が未発達な方。具体的には15歳未満の方は注意が必要です。
また、アレルギーをお持ちの方もよく先生と相談して摂取された方が無難でしょう。

ただ、ありがたいことに。
食事で摂取する分には特に摂取量を気にする必要はありません。
人工的に付加して摂取する際への注意点としてとらえていただきたいと思います。
みなさんもイソフラボンで健康生活始めてみませんか。