エストロゲン

イソフラボンの一日の摂取目安量

病気になり薬を医者からもらって飲みますよね。
はやく病気を治したいからといって薬を倍の量飲む、という人はいないと思います。
なぜなら、薬には副作用があるからです。

西洋医学の薬は即効性があり、効果を実感しやすい半面、副作用も必ずあると言われています。
また、複数の薬を飲む場合、組み合わせにより “毒” になってしまうことも。
対して東洋医学による生薬と呼ばれる自然由来の薬、漢方薬は少し違います。
効果が表れてくるのは緩やかですで実感が薄い半面、副作用がありません

イソフラボンは天然由来の成分を使うため、性質としては漢方薬に似ているのかな? と思うのですが。イソフラボンの健康について研究した機関により、あまり摂りすぎはよくないということが分かっております。
具体的に内閣府より摂取量の目安が公表されており、その量は 70~75mgです。
これは食事の中に含まれているイソフラボン量も含めての量となりますので、もしもサプリメントなどで摂取する場合にはこれを加減する必要があります。

サプリメントなどでイソフラボンを摂取する量は 30mgを目安とするとよいでしょう。
日本は大豆を中心とした食生活の為、家庭によってはそれでも摂取量が超えるかもしれません。
しかし、食事の中で摂取する量に関してはほぼ間違いはありませんのは心配はありません。
サプリメントなど、用法用量をよく確認し、健康的に安全に使用したいものです。
大切な健康のために